商売繁盛、豊かな富を意味するシトリン

黄金の色が呼ぶ、繁栄と明るさ

 

 

フランス語の「レモン」を意味する「citron」がその名の由来となった石、シトリン。

 

その名の示す通り、シトリンはレモンのような黄色、もしくは、黄金色をした水晶です。

 

和名を黄水晶といいます。

 

金色に輝くシトリンは、金運を呼ぶとして、古くから商売繁盛と繁栄の象徴とされてきました。

 

人を集め、物事をスムーズに進めて、富と財産を築く石とされてきたのです。

 

また、黄金色のシトリンは昔から「太陽を象徴する石」とされてきました。

 

太陽の光のように、強く明るいエネルギーを持ち、心の中の影の部分を照らし、深い悲しみや迷い、悩みを解消してくれる効果があります。

 

光が差した心に、希望や活力、明るさ、積極性といった、パワーを授けてくれます。

 

シトリンとは、前向きな気持ちや勇気を与え、生命力に満ちたエネルギーをあらゆるものに与えてくれる石なのです。

 

 

シトリンの持つ金運効果

シトリンは、商売運や財運をアップさせる強い力があります。

 

現在事業を展開中の人はもちろん、これから新規事業を立ち上げようとしている人や会社の拡大を考えている人をサポートしてくれるパワーがあります。

 

また、トラブルがおきても、それを乗り越える力と勇気を与え、成功へと導いてくれます。

 

事業のような大きな目的でなくても、「お金を貯めたい」「おこずかいが増えますように」「給料が上がりますように」と思っている方にもシトリンはおすすめです。

 

シトリンの持つ黄金色の輝きが、持ち主の金運を上昇させてくれるはずです。

 

その場合、アクセサリーとして身に付けるのが良いとされています。

 

地金が金のアクセサリーを選ぶと、さらに効果がアップすることでしょう。

 

この石は金銭トラブルを防いでくれる効果があるので、借金など、お金のことで悩んでいる人にもおすすめします。

 

 

太陽の力を持つシトリン

シトリンは、持ち主に太陽のような明るい活力を与え、元気をみなぎらせて、心もからだも健康にしてくれるパワーがあります。

 

春の太陽のような暖かいエネルギーで、持ち主をやさしく包み込むパワーがあるとされています。

 

このパワーのおかげで、希望を持ち、何事に対しても積極的に対処できるようになり、毎日を生き生きと過ごすことができるようになります。

 

昔から、シトリンの持つ太陽の明るい力は、悪を退治し、災いを祓いのける強い浄化作用があるとされ、お守りとして用いられてきました。

 

イライラしたり、プレッシャーが重かったり、ストレスの解消が必要なときは、シトリンを身に付けたり、飾っておいたりすることをお勧めします。

 

この石は、心を解放してくれ、前向きになるよう導いてくれる効果があります。

 

シトリンは、手にしていると感情をおだやかにし、冷静さをもたらせてくれることから、うつ病や、不眠症にも効果だといわれています。

 

就寝前にシトリンを枕元に置いておくと、夜に生じる不安を取り除き、気持ちをリラックスさせてくれ、安眠をもたらしてくれることでしょう。

 

 

かつてトパーズと呼ばれていたシトリン

シトリンの黄色は、中に含まれた鉄分の作用によるものですが、天然のものは淡黄色のものが多く、非常に希少とされています。

 

天然にはほとんど産出しないので、現在販売されているものは基本的にアメジストを加熱することで黄色にしています。

 

中世ヨーロッパでは、シトリンは「シトリントパーズ」と称し、トパーズのイミテーション(代用品)として販売されていました。

 

ブラジリアントパーズとも呼ばれていましたが、当然のことながら、シトリンはトパーズではありません。

 

シトリンはやはり水晶ですので、宝石としての価値でいえば、残念ながらトパーズには劣ると言えるでしょう。

1ヵ月無条件返品OKの品質に自信をもつ専門店
フォレストブルー
  • 鑑別書あり(無しの製品も取り寄せ可)
  • 天然石一点ものを豊富に展示
  • 付属品:アクセサリーケース
  • サイズカスタマイズ対応